秀明英光高等学校

卒業生の声

世界に目を向け、羽ばたく決意ができました。

堀井 光俊さんの写真です。
堀井 光俊さん
ふじみ野・花の木中学校出身

本校を1996年3月に卒業し、チョーサー・カレッジ・カンタベリー(CCC)に進学。
2006年1月、英国立ケント大学社会学博士課程を修了(Ph. D取得)。
現在、イギリスで秀明大学の教授として活躍中。

現在の仕事内容について教えてください。

現在、秀明大学の教授としてチョーサー・カレッジ・カンタベリー(以下、CCC)で働いています。具体的な仕事内容の一つ目は、CCCに留学している秀明大学の学生の生活の手助けです。学生が病気や怪我をしたときに医療施設に行って通訳をするなど、生活全般の相談に乗っています。二つ目は、社会学とメディア論をCCCとケント大学の学生に教えています。また、CCCには英国立大学進学コースがあって、そこでも教えています。

教壇に立つ堀井 光俊さんの写真です。

秀明英光高等学校で学んだことが、現在の仕事に生かされていると思いますか?

私はイギリスで生活し仕事をしているので、もちろん英語は欠かせませんが、その基本となっているのは高校で勉強した英語です。大学生のときも英語の専門書を読んだり、英語で課題論文を書いたりしました。そこで必要だったのも、高校までに習った英語でした。高校までの基礎があって、英語が自由に使えるようになったのだと確信しています。

また、古文や世界史、日本史、芸術などの知識も大いに役立っています。というのも日本の古典などの文学作品や、世界や日本の歴史的な出来事などを知っているだけで、外国では教養ある人として評価されるからです。

そして、「5分前行動とあいさつ」。これは最も重要なマナーだと思います。これらは、秀明英光高等学校の校訓「知・技・心」に呼応しており、3年間の学校生活で自然に身についたものです。つまり、知は教養、技は英語、そして心は5分前行動とあいさつなのです。

在学中、部活動などで活躍されましたか? 具体的に教えてください。

特にどの部活動にも所属していませんでしたが、中学時代からの友人たちと地元で音楽活動をしていました。高校時代は、学外で音楽活動に熱中していたのですが、高校の友人やその当時お世話になっていた先生方から温かい応援をいただきました。地元の公民館主催の音楽祭に出演したときも、休日にもかかわらずたくさんの先生方に来ていただいたことを覚えています。

3年間の高校生活の中で、印象的だったことは何ですか?

高校の友人たちとの楽しい思い出もたくさんありますし、数々の学校行事も思い出に残っていますが、時が経つにつれて印象の濃さが増してくるのが、先生方が私に示してくれた愛情の深さです。

秀明の先生方は、単に仕事だからという義務ではなく、生徒一人ひとりを愛し、彼らの成長を真剣に願っていることが、同じ教育の場に立つようになってから強く実感しています。

今後の目標を教えてください。

社会学とメディア論という専門科目を大学生に教えると共に、日々の研鑽を惜しまず、研究に邁進することが自分の仕事だと思っていますので、それを第一に考えています。

また、大学院時代から個人的に研究を進めているものや、他大学の人たちとの共同研究に関わっているものなど、自分の専門分野で研究成果を出し、論文や図書という形で発表したいと思っています。