秀明英光高等学校

ご挨拶

「知るよろこび」、「学ぶ楽しさ」を
実感する学校

保護者の皆様へ

本校は、埼玉県川越市にある秀明学園(全寮制・中高一貫教育)の系列校で、創立者である川島寛士先生が1981年4月埼玉県知事の認可を得て開校しました。

開校以来「知・技・心」を校訓に、「知的学習」「技の学習」「心の学習」を実践しています。特に、先人たちの築いた貴重な知識と経験をもとに「善と悪」「許せることと許せないこと」の規範を重視し、学習者の「知的充実」と望ましい生活習慣を身につけた「確かな人格形成」に役立つ教育を推進しております。

さらに本校は、責任の原理に基づき、保護者と学習者の希望を実現するため、「学校と家庭」「教員と保護者」は信頼関係を深め、共に育てる「共育」と、お互いに協力し合う「協育」を通して、理想の教育実践を行っています。

幸い、多くの卒業生が社会の各方面で活躍し、秀明教育で培われた優れた人柄や品性が高い評価を受けています。これからも、教育の真理を追究し、真に保護者の信頼と期待に応える教育の実現のため、全教職員が心を一つにして懸命に努力してまいります。

秀明の教育

21世紀の日本を担う優れた人物を育成します。

生徒一人ひとりが持っている天性を伸ばし、学力はもとより、心身ともに豊かな人間形成を目標に独自の「心の学習」を重視しています。

建学の精神

常に真理を追求し、友情を培い、広く社会に貢献する人間形成を目的とする。

校訓

「知・技・心」

力を充実させて、思考力・創造力をつける。身体を使ってを鍛え、磨く。さらに豊かなと強い精神力を持った、調和のとれた人間形成を目指します。

秀明の塔

『志を立て、目標に向かって前進しよう』という創立者の呼びかけを象徴した塔で、ここには入学時に自分の目標を書き記した、全生徒の「誓いのことば」が納められています。

秀明の塔の外観写真です。

秀明教育の誓い

  • 本校は、父母の信頼と期待に応えるよう
    責任を持った教育を行います。
  • 本校は、生徒一人ひとりの能力に応じた教育を行い、
    希望する進路が選択できるように指導します。
  • 本校は、教育課程の編成には特別の配慮を加え、
    生徒一人ひとりの学力を伸ばし、
    実力をつける教育をします。
  • 本校は、師弟一体の教育指導を通して、
    人間性豊かなエリートを育てます。
  • 本校は、宗教・政党には一切偏せず、
    常に中立の態度で教育を行います。